帯状疱疹や膀胱炎を虎ノ門の内科で確認

虎ノ門の内科では、患者が悩んでいる様々な症状に対応しています。

風邪や頭痛に加えて帯状疱疹や膀胱炎の問題も、虎ノ門の内科で相談できます。帯状疱疹は神経に潜むウイルスが原因で発症する皮膚疾患で、通常は右側か左側の一方に出ます。痛みを伴う皮膚症状が3週間ほど続き、神経痛の後に水膨れの状態に進み瘡蓋になると治ります。日本では、多くの人が子供の頃に水疱瘡を経験しています。ウイルスの保有者なら帯状疱疹を発症する可能性があり、免疫力が低下すると症状が出るリスクが高くなります。帯状疱疹は早期発見と早期治療が重要で、高齢になると罹患リスクが上がります。気になる症状が出ている場合は、早めに虎ノ門の内科に相談します。帯状疱疹を発症すると、ウイルスが潜伏している神経の枝が皮膚にも広がります。徐々に範囲が広がって痛みも強くなり、皮膚の症状も悪化します。重症になると入院治療が必要になり、症状が軽いほど痕を残さないで治せます。ウイルスが原因の結膜炎や角膜炎、顔面神経麻痺など合併症の心配もあります。治療ではウイルスを抑える薬や痛みを止める鎮痛薬などが使われます。痛みが長く続く場合は、他の治療が必要になる可能性もあります。鎮痛剤は痛みの程度や種類に合わせて適切な薬が処方され、基本は内服薬ですが重症の場合は注射薬も使われます。皮膚の症状に使う外用薬には、水疱のウイルスが外に出て感染しないように予防する効果も期待できます。

虎ノ門の内科についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です