気になる胃腸炎や十二指腸潰瘍を虎ノ門の内科で検査

虎ノ門の内科では、胃腸炎や十二指腸潰瘍が気になる場合も対応しています。胃や腸に炎症が起こり、腹痛や下痢の症状が出ている場合は胃腸炎が疑われます。食べ過ぎやウイルス感染、ストレスなど様々な原因によって発症しますが早く発見できれば早い回復が期待できます。十分な水分と消化に優しい食物を摂取し、働き過ぎの胃腸を休ませます。

細菌やウイルスが引き起こす感染性胃腸炎は、経口摂取から感染するケースが多いです。病原菌が付着している水分や食品を摂取すると感染するので、加熱処理が予防対策になります。胃腸炎を発症すると発熱や嘔吐、下痢などの症状が出て脱水症状に至るケースもあります。虎ノ門の内科では患者の悩みを聞き、適切な検査を行います。

治療は対症療法が中心で点滴や水分摂取、抗生剤などで治療を施します。十二指腸潰瘍は、胃と小腸を結ぶ十二指腸潰瘍の粘膜が炎症を起こす病気です。空腹時の痛みや吐き気、食欲不振などの様々な症状が出ます。胃に細菌が感染すると、胃酸の分泌が過剰になって十二指腸にも流れ込みます。

胃酸から守る機能が弱まると攻撃を防止できないため、十二指腸潰瘍の症状が出ます。虎ノ門の内科では、様々な検査を行って胃の状態を確認します。内視鏡検査を行うと粘膜を観察でき、組織を採取して確定診断も行えます。粘膜の状態を丁寧に確認できれば、適切な治療に繋がります。

肝臓や脾臓など他の臓器も、血液検査によって病気の可能性を調べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です