ビジネス階級が上位の虎ノ門から心療内科に通う人

世界から注目されているビジネスマンが行き来する場所としてあるのが虎ノ門で、インターナショナルな感覚を持った人たちが通っています。日本経済の一端を担っていることからも、今後の経済成長をプラスにするだけの定義を持っている場所です。そんな虎ノ門で働いている人でもストレスとの関係は断ち切ることができないのは、心療内科に通う人もたくさんいると言われています。ビジネスはメンタルだといわれる反面、この精神的なダメージが生活に大きな影響を与えることもわかっているので、心療内科としての意義が高いです。

過去からある日本の経済成長のポイントには、働く時間が長いことがあげられていました。その為に中流階級が増えて日本の経済が安定し、また給料にも満足いく家庭も多くあったのは事実です。しかし経済成長から不況に陥ってからは、低迷期が続き残業をしても報われずストレスだけが体を蝕んでしまいます。このために心身症となり心療内科に通うことになる人が増えてきて、また二次的に起こるのが生活に対する不安などが起こりやすくなりました。

これらを対処するには、まず心身症を理解して周りから認知されることによって、精神的なことから発症しますが、決して心が弱いだけではなく病気だと位置づけることが大切です。虎ノ門では経済の中心的な役割を果たす反面、ストレスを受ける人が多いのも、理解が増えてくると企業や会社の在り方から変わっていくことができるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です