虎ノ門の心療内科を頼ってみよう

働くということは生きていくために不可欠と言えます。誰もお金をくれることはなく、自分が汗水をたらして働き、どんな理不尽な指示やいじめ、パワハラにも耐えてお金を稼がないといけません。しかし性格によっては、こうしたパワハラや人間関係を非常に苦にしてしまい、うつ症状がみられる場合もあります。仕事場に行こうと思うと心臓がどきどきした李、吐き気や頭痛が起こる、電車に乗ることが怖くなるといった症状も見受けられるようになるのです。

このような状態で無理して職場に行くと、ますます症状は悪化するばかりです。まずは虎ノ門の心療内科を頼ってみることが大事なのです。虎ノ門の心療内科はパワハラやセクハラ、モラハラなど職場におけるハラスメントに精通した精神科医が診療にあたります。カウンセリングを長期的に行いながら、薬物の投与によって心の負荷を軽減していくのです。

もし症状がひどい場合には虎ノ門の心療内科では休職願いに必要な診断世の作成や、結構保険組合の傷病手当金の申請書類も作成します。心の病いは休息が一番の薬となるので、無理をせず会社を休むようにしましょう。虎ノ門の心療内科では職場問題のほか、DV被害により心の病などもケアしてくれます。職業訓練なども実施し、社会復帰を果たすためのサポートも充実しているのです。

守秘義務を徹底しプライバシーを守ってカウンセリングや診察を行うので、安心して通院すると良いでしょう。まずは一人で悩まず相談することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です