甲状腺の悩みは虎ノ門の内科へ

甲状腺と一言で言われても、何を指しているのか知らない人が非常に多いです。甲状腺とは喉元にあり、ハートのような形でついになっている臓器です。認知度は非常に低い臓器ですが、人間の生命維持活動に欠かすことのでいない臓器であることは間違いありません。この甲状腺は人の代謝にまつわるホルモンを分泌している臓器であり、代謝を正常にしてくれています。

だがこの甲状腺を患う人が多くなっているんです。その代表的なものが甲状腺がんです。チェルノブイリ原発や福島原発の放射能汚染によってこの甲状腺がんを患う人が多くなってます。放射能が何かしら甲状腺に悪影響を及ぼし、こうした重篤な病気になってしまうんです。

さらにはストレス過多などや妊娠出産後に、甲状腺の病気のバセドウ病や橋本病になる人も少なくありません。こうした病気になると倦怠感は甚だしく、何もしていないのに汗を大量にかいたり、震えや頻脈が見られるようになり日常生活がままならなくなる人も多いです。このような症状が疑われる場合は迷わず虎ノ門のな内科を受診することです。虎ノ門には代謝異常を診察する内分泌内科も存在しています。

虎ノ門の内分泌内科を受診すると、薬などによって治療を開始してくれるんです。もし薬を服用しても症状が改善しない場合には、アイトソープなど外科的手術によって治療するケースもあります。いずれにしても早期発見早期治療が大切であり、迷わず受診することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です