咳喘息は虎ノ門の内科を受診しよう

最近深夜から明け方にかけて、非常に激しいせきが出てしまうという人が良く見られます。季節の変わり目になると、こうした咳になやまされ、眠ることが出来なくなり不眠症に陥ってしまうこともあるんです。この咳の原因は、季節の変わり目に飛び散る花粉や、ハウスダストやダニの死骸を吸い込むことで起こることもあります。季節の変わり目は寒暖差が激しくて、それに体がついていかずにアレルギー反応を起こして咳が出てしまうということもあるんです。

せきが明け方になると激しく出るという場合には、寒暖差による咳喘息を疑ってみる必要があるんです。咳喘息は二中になると咳が出ずにケロッとしているのですが、寝てから明け方になると激しいせき込みで息がしずらくなったり、眠れなくなってしまいます。この場合には早急に虎ノ門にある内科を受診することが大事です。咳喘息の席は市販の風邪薬で止めることはできません。

シムビコートと言って喘息の治療薬でのどのアレルギー反応を食い止めなければ咳は止まらないんです。できれば虎ノ門の内科でも、呼吸器内科を受診することをお勧めします。虎ノ門には親身で丁寧な診察に定評のある呼吸器内科もたくさんあります。こうしたクリニックでは呼気検査を行い、血液検査と触診で咳喘息の有無を調べます。

咳喘息は法打ちしてしまうと、本格的な喘息に移行してしまうので、早期発見早期治療が大切になってきます。また日常生活でも水泳など運動を取り入れて、気管支や肺を丈夫にするように努めなければいけません。虎ノ門の内科のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です