交通事故の慰謝料は基本非課税扱いです

交通事故の被害者となった場合には、相手から慰謝料を受け取ることができます。この慰謝料の額は、交通事故のレベルによっても変化するもので、ときには非常に大きな金額になることもあるでしょう。数百万から数千万という金額になることも、それほど珍しいことではありません。したがって、こうした金額を受け取ったときには、一時的に大きな収入を得ることになるのですが、実はこうした交通事故時の慰謝料については税金がかからないので、税務署に大きなお金を払わなくてもいいのです。

交通事故時の慰謝料は基本的には全額非課税だと覚えておくといいでしょう。特別な手続きをする必要もありません。ただし、ケースバイケースで課税されることもありますから、詳しいことは弁護士の先生に聞くか、役所に問い合わせてみるのが一番間違いがないです。こうしたお金はそもそも課税対象とするのには向いていませんし、金額が大きくなればなるほど税額も大きくなってしまうので、非課税となっているわけです。

何よりも、被害者は交通事故に遭いたくて遭ったわけではないのです。それに、マイナスを慰謝料で補填してもらっただけで、本人には利益が出ていないので課税する根拠がないのです。確定申告も必要ないですから、たとえば無職の方がこうしたお金を受け取って年間の収入が数百万円になっても、課税所得がないということなので税務署に行って手続きをする面倒もありません。こうしたお金で扶養を外れることもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *