交通事故の慰謝料はどうに決まるのか?相場があるの?

交通事故の慰謝料がどのように決まるのかという疑問を持つ人もおられるでしょう。慰謝料とは交通事故により被害者が負った精神的な苦痛に引き当てられるお金で、金額として妥当かそうでないかが問題となるでしょう。いくら慰謝料を請求したところで、精神的苦痛に1000万円と言って通るか通らないかは、保険会社が査定し支払いに応じるかです。おそらく被害者がご自身で保険会社に慰謝料を1000万円請求しても認められず、支払われるとしても、損害保険会社が社内で設定されている計算方法にて支払いに応じるでしょう。

基本的に保険会社は被害者に賠償支払いを行う義務があるのですが、保険会社としては支払らうお金が出費である以上、少しでも支払額を少なくするための努力をするでしょう。そのため、最初の交渉で納得がいかないということは一般的であり、その場合、弁護士に依頼して慰謝料の請求を行うと良いです。弁護士であれば誰でもよいという訳ではなく、交通事故の賠償請求において実績の高い弁護士でなければいけません。というのも弁護士に依頼すれば、相談料、着手金、成果報酬、書類作成費、実費などが掛かりその負担は依頼者が支払うため、その分を含めて請求額を増額し、確実に支払われる実力のある弁護士に依頼することです。

自賠責保険で決められた金額は1日4200円です。これが一つの相場となり治療期間を掛けて算出しています。相場はあくまでも平均的な価格であり、自身の事故経験に当てはまるものではありませんので、早期での示談に応じないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *