交通事故における慰謝料の相場とは

交通事故の慰謝料請求は、特段限度額が決められているわけではないので、いくらでも大丈夫です。ただし、請求することは自由ですがそれが裁判で認められるとは限りません。法外な慰謝料を請求したとしても、一般的な相場からはそれほど離れていない額で落ち着くのが普通です。裁判所はバランス感覚を重視して、あまりにも前例とかけ離れたことはしないものだからです。

ですから、交通事故における慰謝料の相場はある程度決まっていると言えるでしょう。まずはその相場を把握することで、額を上積みしていくビジョンも見えてくるのです。自賠責基準でなら、一日4200円であって、これに期間を掛けあわせます。入院期間と通院期間をプラスしたものと、実通院日数を倍したものの二つを比べてみて、どちらがより少ないかを計算します。

少ないほうに4200円を掛けあわせて金額を算出します。自賠責基準は最も安い部類に入るので、被害を受けた場合にはできるだけ回避したい基準ではあります。自賠責基準よりも高いのが、任意保険基準や弁護士基準です。弁護士基準は最も高いと言われている基準であって、これは入院慰謝料と通院慰謝料をプラスさせたものとなります。

計算方法は非常に複雑で素人にはなかなか分からないものですが、一般的には自賠責基準の倍程度の額になるとされています。多いときでは自賠責基準の三倍の額を得られるので、交通事故にあったときには弁護士さんに相談するのが有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *