法律相談は各分野の専門家にご相談ください

日常生活を送る上で、私達と切っても切ることのできないものが、「法律」です。法律は私たちの生活に深く関係がありますが、様々な内容が存在します。例えば個人で納める所得税や、会社が納める法人税、普段の消費に科される、消費税など、税金の問題にお困りの際は「税理士」に法律相談をしてください。次に、会社における賃金未払い、上司からの執拗なパワハラ等、労働環境や雇用契約にかんする問題でお悩みの際は「社会保険労務士」にご相談下さい。

更に様々な発明や、ロゴマーク等の登録商標等、製品の権利といった、知的財産権に関する法律相談は「弁理士」です。そして、企業において、適正な会計処理がなされているか、または財務管理において不適正な部分がないかをチェックして、公表するのが「公認会計士」です。次に私たちが不動産を購入する際、その土地の価格を適正に査定し、私達に提供してくれるのが「不動産鑑定士」です。更にその土地を購入した際、購入者は「登記」という処理を行わなければなりませんが、その手続き及び相談を請け負うのが「司法書士」です。

更に司法書士については、その豊富な民法の知識を生かしてて最近、話題になっている「ヤミ金」や「グレーゾーン金利問題」等、消費者金融の金銭貸借問題に関するご相談も積極的にお受けしています。また、経営者の方にとって事業戦略のたて方や、運営資金の捻出の仕方等でお困りの方も多数いると思います。そのような方のために、商工会議所等で経営セミナーを開き、アドバイスを行っているのが「中小企業診断士」です。最後に、日常のあらゆる法律問題に対応できるのがお馴染みの「弁護士」です。

なにかお困りの際はその分野のエキスパートに遠慮なく法律相談をしてください。広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *