弁護士に任意整理の法律相談をすることが可能です

借金を抱えてしまっているときには、裁判所を経由せずに解決したい場合もあると思います。債務整理の手続きの中では、裁判所を経由することなく解決できる方法として任意整理という手続きがあります。任意整理では自己破産を行った際のような、手持ちの資産のほとんどを処分したり、現金も大きな金額の場合には処分しなければならないようなデメリットはありません。任意整理であれば手続きを行う債務についても選択可能なものとなりますので、住宅ローンなどの生活に必要な債務については整理をしないで残しておくことができます。

任意整理を行うときには、借り入れを行っている貸金業者と直接的な交渉をする必要性が出てきますので、弁護士などに法律相談をして行うことが一般的です。弁護士に法律相談を行って手続きを進めれば、債務者個人としての負担はほとんど受けることなく問題の解決を図ることができます。経験豊富な弁護士に依頼することによって、周囲にわからないように配慮してもらうことができますので、誰かに借金問題の手続きを進めていることを知られることはありません。弁護士や司法書士に法律相談をすることで、依頼を行ったときには借り入れをしている貸金業者へ受任通知を発送してもらうことができますので、その効果として支払いの督促や取り立てを止めることができます。

任意整理の方法であれば、手続きが完了したときにも他の債務整理のときとは違って官報に掲載されるデメリットはありませんので、第三者に知られることなく手続きが行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *