借金問題と弁護士会の法律相談

クレジット会社やサラ金業者から借金をしているものの、金額が大きくて返済が難しくなっているという悩みはよく聞かれるところです。借金を抱えてひとりで悩んでいる場合には、みずからの状況を客観的に判断するだけの精神的な余裕がなくなっていることが多く、債務整理などの法律上の解決策が別にあることも、つい失念しがちになってしまいます。そこで、おおむね都道府県レベルに置かれている地域の弁護士会では、借金問題に関連した法律相談を定期的に無料で受け付け、そうした深刻な借金の悩みを解決するための一定の指針をアドバイスしています。なかには東京都の弁護士会のように、クレジット会社やサラ金業者からの借金問題を専門に取り扱う「借金専門法律相談センター」を立ち上げているようなところもあります。

こうした法律相談は、初回はだいたい30分程度のものですが、電話などでまず予約をした上で、当日は問題を弁護士に的確に説明するために、借金の契約書や預金通帳、毎月の借金の内訳の明細書、家計簿などの家庭の収支状況がわかる書類などを持参するとよいとされています。借金の解決策としては、話し合いで金額や返済期間などの条件を有利にしてもらう任意整理、裁判所への申立てによって借金の減額や免除などをしてもらう個人再生や自己破産などのいくつかの方法があります。そこで、将来の収入の見通しや生活の困窮の度合いなどに応じて、法律相談で適切な手段を示してもらい、弁護士に手続きを依頼して解決への一歩を踏み出すことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *