クレジットカードの使いこみを弁護士に法律相談できる

大手のクレジットカード会社のサービスを、利用している人も多いと言えます。クレジットカード会社においても消費者金融業者と同じように、法律で制限されている利率を超えた利息を付けて融資を行っていた経験があります。支払いをし過ぎていたときには、借り入れ履歴を確認することで再計算を行えば、借り入れ金額の減少の交渉や過払い金の返還請求を行うことが可能です。最近クレジットカードを作成したときには、利息の設定は金利18%以下になっているものと考えられますので、過払い金が発生していないことが多いです。

また、クレジットカードを使ったケースであっても、ショッピングのために利用したときには弁護士などに法律相談することで減額の交渉や過払い金の返還のための対象にはならないので、注意が必要と言えます。クレジットカードを利用しているときに、支払い方法をリボ払いにしているときには、返済ができないと感じるときは、弁護士に法律相談することで金利のカットの交渉ができます。大手のクレジットカード会社であれば、弁護士が交渉に入ることによって和解を締結できる可能性があります。毎月の返済が苦しいと感じるときには、返済期間を延ばす交渉方法も可能で、毎月における返済の金額を引き下げてもらうことによって返済しやすい状況にすることができます。

払い過ぎた利息分を借り入れ金額の元本に充当することで借金額を減額したいときには、弁護士に法律相談することが可能な対象になります。法律の制限を超えて利息を支払っていたときには、借り入れ金額に充当することが可能です。ショッピングに使用した金額については払い過ぎた利息分というものがありませんので、借金額を減らすことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *