問題が起こったらすぐに法律相談をする

毎日生活をしているとある日突然、ルールを守らない近隣住民とのトラブルや交通事故、離婚や親族が死亡した際の相続問題など法律で決められた決め事に従うことが求められる場面に出くわすことがあります。一般的に法律相談に慣れている方は少なく、これまで全く相談する機会がない状態で問題が起こることが多いです。具体的な問題が起こった場合はすぐに市町村で設けてある無料で法律相談ができる窓口へ相談をしたり、初回相談は無料と謳ってある法律相談事務所を訪ねて相談することが大切です。相談件数としては、離婚や親族が死亡した際の相続問題が最も多いです。

例えば離婚では、相手と自分のどちらに離婚原因があるのかで離婚をした際に請求できる慰謝料や親権が変わってきます。相手方の貯蓄や土地、株、給与などの財産が考慮されて毎月の養育費の支払い金額は変わります。離婚が成立するまでの流れは、法律相談を通して問題を具体的にすることで双方ができるだけ納得できるようまずは協議で話し合い、話し合いで決められないときは家庭裁判所で法律に基づいて契約が交わされ、成立します。また、親族が死亡した際の相続問題については、相続人のひとりが介護をしていた時、相続権が他の相続者と同等と扱われることに不服があり寄与分の請求を試みたいと感じたり、故人が公正証書を遺している場合に遺言を残した時点では既に故人に認知症があり物事の判別がつかなかったと診断された場合、公正証書を無効にする際の手続き方法について相談する方も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *