複雑な交通事故の慰謝料はプロに相談を

自分では気をつけていても巻き込まれる可能性もあるのが交通事故ですが、一生に何度も経験するものではないのでほとんどの人には知識がそれほどないものです。交通事故後は、まずは負傷者がさらに怪我をしないように最善の処置をとり、必要ならば救急車を呼びます。次に警察に電話をします。示談にする場合は呼ばなくても良いと思って呼ばない人もいますが、後々のトラブルを防ぐためには公平な第三者に見てもらうことをお勧めします。

事故直後は興奮していて気がつかなかったが、落ち着いてくるとやっぱり痛くなったと言い出しても、もめる原因になります。交通事故が原因で怪我や傷を負った場合、慰謝料が支払われますが、この算出方法は大まかに決まっています。まずは入院や通院にかかった日数をもとに算出する入通院慰謝料です。次に、事故が原因でなんらかの後遺症が残った場合は、後遺障害慰謝料も支払われます。

後遺障害は医師による診察で等級が決められるものなので、人が介在することはあまりなく比較的スムーズですが、入通院慰謝料については揉めることも多いのは事実です。自らの主張が正しいと思われるのに、大幅な減額を提示された場合など、弁護士への相談が一番適切です。法律に根ざした交渉をしてもらえます。弁護士でもオールマイティな人は少なく、民事が得意な人もいれば刑事事件が得意な弁護士もいます。

交通事故を得意とする方を探します。弁護士事務所は得意とする分野を明文化しているところが多いのです、探す手助けになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *