交通事故の慰謝料で忘れてならない後遺症

普段より安全を心がけるのにこしたことはありませんが、どうしても交通事故の危険は避けられません。もし交通事故にあってしまった場合にも対応できるよう慰謝料について考えてみます。心的な苦痛に対するお見舞金のようにとらえる方もいるかもしれませんが、実際は、きちんと整理されています。交通事故の慰謝料には2種類あり、一つが「入通院慰謝料」、もう一つが「後遺障害慰謝料」になります。

入通院に関するものは、交通事故にあってから、示談の最中も入院または、通院するので忘れることはないと思います。また、加害者の方がちゃんと任意の自動車保険に入っておられれば、どういった場合に支払われるか等について、保険会社の方が丁寧に説明をしてくださいます。むしろ、この際に気を付けたいのは、病院での健康保険の利用です。交通事故=健康保険が利用できないというのが、なぜか定説になっていますが、実際は、健康保険は利用できます。

加害者と被害者の間で過失割合が生じた際等に健康保険が使えず、自分の過失分を自由診療で支払ったら大変な金額がかかりますので、注意が必要です。後遺障害に関するものも、保険会社の方は必ず説明はしてくれます。もし、示談をしている最中に後遺障害が認められれば、その後の生活で不便になる部分等に関しても慰謝料で対応ができます。しかし、保険会社が積極的に認定のための作業をしてくれるわけではないので、気になる場合はきちんと対応する必要があります。

また、頭を打った場合等で、その時には後遺障害が見受けられないこともあるので、示談の際に「後から後遺障害が出た場合」の対応についても一筆入れてもらうことが適切です。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *