交通事故で得る慰謝料を損しないための方法

交通事故にあってしまった場合の慰謝料は2種類あります。ひとつは「後遺障害慰謝料」です。こちらはその名の通り、もしもあなたにこの交通事故によって後遺症が残ってしまい、その後遺症が後遺障害として認定された場合、支払われる事となります。「後遺障害慰謝料」は、基本的には相手とモメる事はなく、スムーズに支払われる事が多いです。

しかし、ふたつめの「入通院慰謝料」の方が問題なのです。こちらは、相手側の知識がないことや、保険会社に騙されているのでは?と感じてしまう交通事故の被害者の方が多く、長引いてしまうケースが多いです。良くない例としては、知識のないままに、ネットなどの様々な本当かわからないような知識を鵜呑みにしてしまい、保険会社との話を有利に進めようとしてしまう事です。そうしてしまう事によって、相手側との解決の時期を遅らせてしまうだけではなく、交通事故で得る事の出来たはずの全ての賠償金が少なくなってしまう場合もありますので、特に注意したほうがいいでしょう。

つまり、大事なことはしっかりと正しい計算式のもとに、妥当な金額を相手に請求する事です。妥当な金額を提示すれば、相手側も断るのとはまずありません。なぜなら、相手の保険会社も、しっかり計算式を行った上で対応をしているからです。最も大事なことは、前例と照らし合わせ妥協点を探していくことなのです。

結果、交通事故の慰謝料について言える事は、まず知識を得る事が大事と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *