借金が高額な場合は弁護士に依頼して債務整理をします

借金を法的に整理する債務整理は、司法書士でも弁護士でも引き受けることが出来るとされています。ただ、弁護士と司法書士とでは、全てを引き受けられるかそうでないかが異なります。余りにも高額な場合は、弁護士に依頼をしなければなりません。司法書士では対応ができない場合もあるわけです。

この違いは総債権額が140万円以下の場合は司法書士でも対応できるとされるもので、全てについて対応が出来るわけではないために、それであれば最初から弁護士に依頼する方がいいのではないかという考え方も出来ます。依頼料自体もそれほど違いはないことが多いため、難しい案件や高額な案件では最初から任せた方が、後々の混乱を避けることにつながるでしょう。無論、少額な場合は司法書士に任せても問題はないとされるものです。法律改正により、市民が気軽に司法に関われるようにと、司法制度改革の中で多くの弁護士が生まれるに至りました。

その結果、確かに依頼はし易くなり、また司法を身近に感じる人も増えたことでしょう。借金の整理などはかつてのように自己破産しかなかった時代ではなくなっていますので、その点ではより色々な方法の中で整理が出来るようにはなっています。数が多くなった分だけまた司法書士も一部の業務に関わるようになった分だけ、仕事の奪い合いも起きてしまっている現状があり、資格を有するだけでは食べていけない人がいることもよく知っておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *